シュルレアリスム実践メモ

学問としてシュルレアリスムを学ぶ管理人が(体を張って)シュルレアリスト・アート、ゲームを実行するブログです。シュルレアリスム初心者から専門的に学ぶ人まで楽しめるようにしたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダリ-ダブル・イメージと偏執狂的批判的方法-

ごぶさたしてます。
蜂の巣を洗濯物ごと取り込みそうになったlushyです。
夏は虫が多いのがイヤですね。
まぁ、すぐ窓を閉めたので大事には至りませんでしたが、行き場を失った蜂達が近所の工事をしている方々のところへ飛んでいったのが心残りです。刺されてないと良いんですが。

  ダリ
-ダブル・イメージと偏執狂的批判的方法-


 さてさて前回の続きになります。
ダリ著作のミレーの「晩鐘」の悲劇的神話で取り上げられている、偏執狂的批判的活動を見ていきましょう。

angelus


ご存知の通りダリは繰り返し絵画の中でミレーの「晩鐘」のモチーフを使っています。
そりゃぁもう憑かれたように。
では、そこまでパラノイアックになってしまった理由とは何なのでしょうか?
それは、彼が「晩鐘」に私たちの想像を絶するぶっちゃけ訳わからない意義(significance)を感じ取ってしまったからです。
そしてそれこそ彼が「偏執狂的批判的解釈」と読んでいるものです。

まず偏執狂的批判的活動に至るメカニズムを簡単に書いてみました。↓

1)1次的錯乱 
で「晩鐘」の漠然とした大きな意味を感じ取る。

「晩鐘」に注意が向き、それ以降の偶然・状況の一致(どんなに小さなものでも)を察知するようになる。

2)2次的錯乱現象群
具体的な個人の体験、寓話、実験などが、(①で感じた)「晩鐘」の持つ意義を裏づけしているように関連付けられる。

つまり、どんどん共通点を見つけてしまい、それがスパイラルになっていく、と。
いやー、ドツボですね。

ではダリの偏執狂的批判的活動を具体的に見ていきましょう。

1)1次的錯乱
何でもなさそうな風景の中で「何か」が起こっているという確信を持つ。↓
・美術史史上あり得なかった独創的コンポジション。
「立ったまま」で「動かず」、「コミュニケーションを取っているわけでもない」男女。
・開拓時代のフォークロアイメージの発見→女性による男性の去勢、 
農民的エロティシズム→原始的/太古回帰的

folklore
開拓時代のフォークロアイメージ

・X線写真によって明らかになった2人の間の棺(に見えるもの)=息子の死?

以降、「晩鐘」のイメージが前触れもなく現れるようになる

           ↓
2)2次的錯乱現象群

【“ダリ-ダブル・イメージと偏執狂的批判的方法-”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。