シュルレアリスム実践メモ

学問としてシュルレアリスムを学ぶ管理人が(体を張って)シュルレアリスト・アート、ゲームを実行するブログです。シュルレアリスム初心者から専門的に学ぶ人まで楽しめるようにしたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Week 10ぱーと2 デュシャンの大ガラス

Week 10 ぱーと 2 デュシャンの大ガラス


前回ちょこっと宗教的視点も交えて大ガラスを見てみましたが、今回はLushyの大好きな錬金術ネタ!!


 


    香ばしい錬金術


 科学と非科学、怪しげな装置、秘密めいた象徴…


大ガラスは錬金術臭いことこの上ない。


(参考:GoldingMarcel Duchamp: The bride Stripped bare by her bachelors, even


まず主題となる「裸にされる花嫁」ですが、これは賢者の石の精製を表しているのではないかという説です。


Solidonius / The Strippin of the Bridethe stripping of the bride


   

【“Week 10ぱーと2 デュシャンの大ガラス”の続きを読む】
スポンサーサイト

Week 10 デュシャンの大ガラス

Week 10 デュシャンの大ガラス


なんと、今週が最後のダダの授業であります。早いなぁ。


最後のエントリーを飾るのは空前絶後の問題作、マルセル・デュシャンの未完の大作 


彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」通称「大ガラス」 


                      La Mariee Mise a Nu Par Ses Celibataires, Meme (仏)1915-1923


 これの何がそんなに問題視されているのか。         ガラスという媒体偶然の要素(ホコリや弾痕、ヒビ)の利用など色々反芸術的要素(デュシャンはこの言葉を好みませんでしたが)が見受けられますが、当時一番衝撃的だったのはAnti-retinal(反網膜的)な態度でした。その字の通り目で鑑賞するものではなく、思考や概念を巻きこんで成立する芸術―今では珍しくありませんがコンセプチュアルアートです。しかしその背景にある概念の複雑さは今なお多くの学者を悩ませています。まぁ、デュシャン本人が言うには


答えなど無い。問題自体存在しないのだから


だそうですが…。



1934年にできた グリーンボックス


これとあわせて初めて大ガラスという作品は成り立つと言われています。


が中身はダヴィンチ・コードも真っ青も難解なメモ


ただしこちらは作品の「解釈」でなく数学的・科学的な「解説」です。まさに機械の取り扱い説明書。


よくみると大ガラスに描かれたオブジェ(登場人物)たちは今までのデュシャン作品に出てきたものばかりです。


花嫁チョコレート摩擦機etc)


しかし、ここではオブジェたちは機械的な役割を与えられます。


題の示す花嫁と独身者の物語がここでは演劇的なものでなく、機械的プロセスによって表されます。細部にいたるまで名称と機能が書かれていますが、ここでは割愛。


 


上部の吊るされた花嫁と下方の独身者(9つの制服を模した鋳型)の間の性的物質の循環を描いていますが簡略化するとこんな感じ。


 ↓


花嫁の愛のガソリン(貯蔵庫に蓄積されている)がモータに分配され電気スパークが起こると裸体化が開始。また雲のような形の高所の掲示から照明用ガスが噴出され、独身者たち―空っぽな9つの雄の鋳型―を満たす。照明用ガスは鋳型にとどまりきらず、毛細血管を通りグライダーに流れる。独身者たちの満たされない欲望を混ぜ込んだガスは7つの濾過機(円錐型)を通り爆発液となり、さらに眼科医の証人(円形)を通して精製され花嫁の領域に昇る。(9つの弾痕がその痕跡)しかし花嫁と独身者たちの直接的な接触は無く、花嫁は文字通り「宙吊り状態」のまま、独身者たちは欲望をみずからチョコレート摩擦機で満たそうとする。このように花嫁と独身者たちの領域には超えられない膜が存在している


 本当はもっと複雑なのに、これだけ簡略化してもややこしいってどうよ; 


          


不思議な空間


大ガラスには2つの領域花嫁のもの独身者のもの―があり、真ん中の仕切り(脱ぎ捨てられた花嫁のドレス)によって隔てられています。


この2つの空間の対比が結構おもしろいのです。

【“Week 10 デュシャンの大ガラス”の続きを読む】

コラージュとフォトモンタージュ展

昨日ものすごい勢いでネットサーフィンをしていたら案の定朝起きれずに授業を逃しました。 いやダダ&シュルレアリスムの授業ではないんでいいのですが。


恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館で開催されているコラージュとフォトモンタージュ展がもうそろそろ終わりそうです。


ダダ、構成主義、シュルレアリスムはもちろんのことその前後もばっちり取り扱っているようなので本当行けないのが残念です。時間の許す方、ぜひ足を運んでLushyの分も堪能してきて欲しいです。


poster for 「コラージュとフォトモンタージュ」展


■会 期 : 2006年11月3日(金・祝)→2006年12月17日(日)
■休館日 : 毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
■会 場 : 3階展示室
■料 金 : 一般 500(400)円/学生 400(320)円/中高生・65歳以上 250(200)円
※( )は20名以上の団体


エッシャー展も行きたかった…!                                            こうなったらもうハウステンボスいくしかない。

Week 9 タトリンと第三インターナショナル記念塔

Week 9 タトリンと第三インターナショナル記念塔        


 スケジュールが遅れている気がしないでもないですがそこはスルーの方向で。前回から名前だけは出ていたウラジミール・タトリン、万を持してついに登場。                                       



第三インターナショナル記念塔(の模型)1920




1917年の革命後、タトリンは教育普及委員会美術部門(Visual Art Department of Commissariat for People”s Enlightenment)の依頼で第三インターナショナルを記念するモニュメント作りを始めます。まぁ、モニュメントのわりには大きすぎるし、建築というには非現実的かつ非実用的な気がしないでもないですがそこはスルーです。


 らせん状の塔の内部はもっとわけわからんプランなっています。



 


1階部分は立方体の部屋で会議なんかを行う場所。


1年に1回のペースで回転するそうです。


 2階部分はピラミッド型で行政などを行う部屋。


1ヶ月に一回のペースで回転するそうです。


 3階部分は円錐型、メディアセンターで、ラジオ塔などを設置。


ここまでくればわかると思うけど、1日に一回のペースで回転します;


 


まぁ、結局実現されなかったんですケド。


 


この塔から何がわかるかというと


 1)空間を意識した構成


2)機能性


3)ユートピア的メッセージ


です。


【“Week 9 タトリンと第三インターナショナル記念塔”の続きを読む】

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

Week 7 ロシア前衛芸術とダダ

速報:Dawn Ades教授のキュレートしたUndercover Surrealismカタログが


The prestigious Art Newspaper & AXA Art Exhibition Catalogue Award


を受賞しましてよ!早い話が 最高図録賞。


 


中身はバタイユのDictionary風になってるぜ。



 


Week 7 ロシア前衛芸術とダダ


 今回は ロシアン・アヴァンギャルド芸術に着目しつつ、ダダとのパラレルな関係をみていきます。特にロシア構成主義タトリンは、Week4で触れたとおりベルリン・ダダイストにとってまさしくアイコン的存在


一方マレーヴィチのはじめたシュプレマティスム=無対象の完全抽象画は、前回のチューリッヒ・ダダの共通するところが多くあります。


 そこら辺の共通点やら違いやらを、ざーっと考察してみます。1917年の革命に前後し、ロシアでは社会の変容とともに芸術も変わっていきます


 before→after




ロマン主義の過去を捨てて、時代の再構築を!


 と言ったかどうか知りませんが、キュビズム・未来派など影響を受けつつ、まず抽象画が発達してきます。


 


上の図は有名なカジミール・マレーヴィチKasimir Malevich)の[黒の正方形] (1913)です。


絵画の美学、経験、感情からの独立independent of any aesthetic beauty, experience, or mood)を提唱する彼は徹底して具象的要素を排除!究極の抽象を目指しました。


シュプレマティスム(絶対主義)と呼ばれるムーブメントです。


形式否定主義エレメンタリズムの追求というスタンスはアルプらチューリッヒダダイストと大体同じ。


ただひとつ違うのは、このシュプレマティスム、後々プロパガンダ的性格を持ってくるんですねー。


そしてそれがロシア構成主義にも影響を及ぼしていくわけです。



で、こんな幾何学模様がどうしたらプロパガンダになるのかと。


こんな感じで変わってきます。


【“Week 7 ロシア前衛芸術とダダ”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。