シュルレアリスム実践メモ

学問としてシュルレアリスムを学ぶ管理人が(体を張って)シュルレアリスト・アート、ゲームを実行するブログです。シュルレアリスム初心者から専門的に学ぶ人まで楽しめるようにしたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Week15 シュルレアリスムと写真2

Week15 シュルレアリスムと写真2


前回はいわゆる「操作」が加えられた写真を紹介しました。今回は一見普通に見える写真のシュールな魅力についてみていきます。


ボワファールとアジェのパリ・都市のラビリンス


ボワファールはバタイユのドキュマンの写真で有名ですが、今回はブルトンの「ナジャ」の写真を取り上げます。パリが舞台となるこのノンフィクション小説はところどころに彼の写真がイラスト代わりに散りばめられています。そのほとんどがパリの風景であり、この小説の主人公は実は都市そのものなのだと思うほど。ナジャは、ブルトンが「ナジャ」という不思議系女性と出会い、惹かれ、そして別れるというそれだけの話なんですが、アンカニーなことがたびたび起こるわけです。イラストでなく写真を使ったのもそこにドキュメンタリー性を持たせ、フィクションとの差別化をはかろうとしたためだと思われます。ブルトンもナジャもパリに住んでいながらどこか冷めた目でパリを見ている節があり、ボワファールの人のいないパリの風景写真は彼らの目からみた「もう一つのパリ」といえるでしょう。


1


右上の窓に見える人が銅像と同じポーズをしてるように見えて気味悪!↑



 ウジェーヌ・アジェ(Eugene Atget)の写真は、古きよきパリの風景を撮影した、記録写真としても価値のある作品です。ボワファールの写真と同じくパリは人間が姿を消し、閑散とした姿をみせています。(もちろん人がいるのもありますが)シュルレアリスムのコンテクストで良く出てくるのがコレ↓



Eugene Atget


 ボワファールもアジェもパリを華やかな都市でなく人に「見捨てられた町」として写真に留めているだけでなく「マネキンや銅像に取り付かれた都市」として表現しているのが面白いところ。彼らの表情やポーズは活き活きとしていて、かつ不穏な静寂を留めています。


 photo: rue clery   


2 when-i-say-that-the-statue-of-Etienne-Dolet←ボワファール ↑アジェ

【“Week15 シュルレアリスムと写真2”の続きを読む】
スポンサーサイト

Week 15 シュルレアリスムと写真

Week 15 シュルレアリスムと写真


レポート&試験期間中真っ只中です。みんな気が立っていて、ピリピリした空気を感じます。ちょっとでも暇なそぶりをみせようものなら…。


Sesame Street Posse (tm)


そんなテンション張り詰める中 授業参加者数8人という最小記録を本日更新しました。(これからまた減っていくと思われ)


さて 今日は写真です。シュルレアリスムと写真。



                                         Man Ray/ La Marquise Casati


1978年、ロンドンのヘイワードギャラリーでDada&Surrealism Reviewedという展覧会が行われました。キュレーターは我らがドーン。そうです、Undercover Surrealism が生まれる元になった展覧会です。


何が見直されたか(reviewed)というと、絵画でなく機関誌や写真を中心に企画されたこと。「シュルレアリスム革命」には始め、絵でなく写真が掲載されていたことを考えるとまさに 原点でありながら盲点であった資料にはじめてスポットを当てた展覧会と言えるでしょう。


 


(雑誌「シュルレアリスト革命」は科学雑誌「La Nature」の表紙構図をパクり、写真をイラスト代わりに載せることで偽科学的/学術的側面を打ち出そうとした)


写真にはシュルレアリスム絵画であったようなオートマティスムVS夢のイメージという対立構図はありません。むしろどちらの側面も包括していると言えます。


写実的な夢のイメージに近いことは分かるけど、抽象の多いオートマティスム にどこが似ているのか?

【“Week 15 シュルレアリスムと写真”の続きを読む】

Week14 シュルレアリスムと精神分析3

Week 14 シュルレアリスムと精神分析3


 


フェティシズム」「不気味なもの」と続いた精神分析シリーズですが今日は「夢の象徴」で締めたいと思います


                    


Reckless Sleeper/Magritte


 


フロイトは夢を無意識の願望の充足であるとしています。


普段人間が欲望のままに動かないのは理性やモラルが働いているからですが、無意識が支配すると思われがちな夢の中にもその傾向が現れます。




夢の検閲



欲望が夢として現れるとき社会的・倫理的に見て「ちょっとヤバい」場合や自分に都合が悪い場合それは[検閲]され[修正]されてしまいます。


欠落部分を作ったり、複数の物が1つに凝縮されたり重点が他の部分におかれたり…


そしてその中でも重要なのが夢判断でおなじみの象徴による置き換えです。


 


夢の象徴



「Symbolism in Dream」を片手にざっと書き出してみました。


ほとんどの(夢の)象徴は性的象徴であるの言葉にいつわり無し。


性的だから象徴化されなければならないのかはたまた性にすべての根源を見出すフロイト論ゆえか… 


【“Week14 シュルレアリスムと精神分析3”の続きを読む】

Week 14 シュルレアリスムと精神分析2

Week14 シュルレアリスムと精神分析2


Mixiのドーン・アデスコミュにも書きましたが、大学のギャラリでシュヴァンクマイエル夫妻の展示があります。葉山のシュヴァンクマイエル展を見たきりなのでかなりエキサイト中。ルナシーも未だにみてないので早いとこみなくては。


前回に引き続きPsychoanalysis。前からちらほら出ていた「アンカニー」


不気味なもの(Uncanny)


日本語では「不気味なもの」英語では「Uncanny」と訳されていますが元のドイツ語は「Unheimlich」。馴染みのある家の中の、と言う意味のheimlich(homley)の対義語です。


全く関係ないですがheimlich(ハイムリッヒ)法という異物を飲んだときの応急法があります。トリビア。


   heimlich   hakasekata


         ※虐待ではありません   


Heimlichには「隠されたもの」という意味もあり、フロイトはそこに「不気味なもの」の根源を見出します。


要約すると「不気味なもの」は何ら新しいものでなく、見慣れたもの、馴染みのあるもの=Heimlichである。それが抑圧(隠される)の過程をへて戻って来たときに気味が悪いものになる、という理論。


たとえば子どもの妄想や原始的霊魂信仰が根源になりえます。


そのためオカルトチックになるのはやむを得ないのですが、「不気味なもの」とは決して「ものすごい恐怖」ではなく日常の中の違和感や、不安感をあおるものとして説明されています。


  「不気味なもの」中では以下のような具体例があげられています。


―精巧につくられた人形、オートマタ


(生物と無機物の境界線を曖昧にするため)


 

【“Week 14 シュルレアリスムと精神分析2”の続きを読む】

Week 14 シュルレアリスムと精神分析

Week 14 シュルレアリスムと精神分析


★Happy Valentine's day!★



Salvador Dalí Autumnal Cannibalism 1936



無意識を取り扱う精神分析はシュルレアリスムと切っても切り離せない関係。今日はその中でも最重要項目、フェティシズムのコンセプトがどのように作品に現れている見ていきましょう


 


フェティシズム


髪フェチ、下着フェチ、ハイヒールフェチなど本来性的対象にならないものに対して魅力を感じる現象です。


フロイト理論の常ですが、その原因は幼児期にあると説明されています。


まだ男女の違いがわかっていない男児が(この頃を前エディプス期といいます)はじめて女性の体(大抵母親)を見たときに抱く感情はエロスでも何でもなく



「な、無い!」



というショック。アレが無いということを「去勢された」と認識し、「自分にも起こるかも」…という恐怖を感じます。


そこでその認識を否定するため無理やり「女性にもペニスがある」と思い込もうとします。



Veiled Erotic / Man Ray


※イメージ画像 【“Week 14 シュルレアリスムと精神分析”の続きを読む】

Week13  シュルレアリスム 歴史・政治・哲学

Week 13 シュルレアリスム―歴史・政治・哲学


 


シュルレアリスムは直接政治と関わりがあった、という点でも芸術運動の中で特異な存在です。


共産党との関係は知っている方も多いかと。


もちろんメンバー全員が、というわけではありませんが、ブルトンを含む数名のシュルレアリストが1927年に入党しています


 


政治と芸術


一介の芸術運動?であるシュルレアリスムが


なぜ政治に関わり始めたのか。


まずダダの系譜として彼らには嫌欧流、というか、西洋資本主義に対するアンチ精神がバックグラウンドとしてありました。


モロッコ戦争など植民地政策をすすめていく、いわゆる先進国に嫌気がさしていたわけです。(特に自国のフランス)




シュルレアリストの時代の世界地図




上の地図を見てましょう。第二世界(共産主義)ロシア・中国がヨーロッパ大陸を占め、その他はメキシコなど第三世界が名前を見せていて、アメリカなんぞ影も形も有りません


 


西洋資本主義への批判は、それが包括する価値観も批判します。特に宗教への批判は顕著です。


Mary_spanking_jesus


The Virgin Chastises the infant Jesus before Three Witnesses: AB,PE and the Painter/Max ernst






【“Week13  シュルレアリスム 歴史・政治・哲学”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。