シュルレアリスム実践メモ

学問としてシュルレアリスムを学ぶ管理人が(体を張って)シュルレアリスト・アート、ゲームを実行するブログです。シュルレアリスム初心者から専門的に学ぶ人まで楽しめるようにしたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photomontage ダダとシュルレアリスム

Photomontage フォトモンタージュ

広告、プロパガンダ、設計図etc...色々な使い方をされてきたフォトモンタージュですが、やはりその中でダダとそれに続くシュルレアリスムの存在は大きいです。

今回はダダからシュルレアリスムにいたるまでのフォトモンタージュを紹介します。長くなりそうなので歴史編と実践編をわけます。

先輩達の足跡(過去のダダイスト・シュルレアリスト作品)
ダダ…反芸術、社会風刺としてのフォトモンタージュ

「フォトモンタージュ」という言葉は第一次大戦中、ダダイスト達によって生まれたものですが、「写真を切り貼りして別のイメージを作る」という行為の発端は複数人が親権を主張しているため定かではないです。
なぜダダにおいてフォトモンタージュが重要だったかというと、こんな理由があげられます。

・パロディ性
政治家の顔写真を使って体制を風刺。
有名な絵画の一部をパロディーし、反芸術性を強調する。

・レディメイド性
雑誌や新聞からの切り抜き=「既成のもの」を使うという概念。


ダダ・フォトモンタージュは後のシュルレアリスムと比べコミカルな作品が多いのも特徴です。

体の不自然さを強調して、コミカルなモンタージュを作る
german girl

ハンナ・ヘッヒ Hanna Hoch / German girl 1930

機械と人体の融合もダダ・フォトモンタージュの特徴の一つ
tatlin at home

ラウル・ハウスマン Raul Hausmann / Tatlin at Home 1920

ものすごくダイレクトな風刺
adolf der ubermensch

ジョン・ハートフィールド John Heartfield /
Adolf the superman swallows gold and spouts junk 1932


このダダからシュルレアリスムに移行する流れの真ん中にいるのがマックス・エルンスト Max Ernstです。






Max Ernst マックス・エルンスト…ダダからシュルレアリスムへ

彼自身はフォトモンタージュと呼ぶことを嫌っていましたが(コラージュと言っていた)彼の作品はダダの持つコミカルさとシュルレアリスムに通じる詩的な雰囲気を持ち合わせています。

特に、日常の物が違う環境に置かれることで生まれる不思議なイメージはロートレアモンの「手術台の上のミシンとこうもり傘の出会いのように美しい」というフレーズにも適っています。

X-ray写真を利用した有名なフォトモンタージュ
everything is still floating

Here Everything is still Floating 1920

アンドレ・ブルトンもエルンストのフォトモンタージュに目をつけるんですが、フォトモンタージュが本格的にシュルレアリストアートとしてでてくるのはもうちょっと後になります。

シュルレアリスム…ドリームイメージ

シュルレアリスム運動最初の数年、特に1924~1929まではオートマティズム、つまり自動書記が運動の中心だったわけです。何か落書きみたいな線でかかれた絵とか、抽象っぽい絵など。エルンストはフォトモンタージュも「無意識から起こる幻想的機能」として自動書記と同等に考えていましたが。1929年になるとダリやマグリットの登場によってDream Image 夢のイメージがファッションになってきます。不条理な物質の転換(トランスフォーム)や、配置の転換(デペイズマン)などをモチーフにしたより幻想的な作品が多くなります。Darkroom Trick(二重露光など暗室で行われる技術)も多くなり、継ぎ目がわからないものも。

かなり小さいですがマグリットの作品
paris opera
Paris Opera 1929
宮殿の前に牧草地。

ちょっと変わったものだと コレとかおもしろい。
max ernst

Frederick Sommer フレデリック ソマー/Max Ernst 1946

ダダからの流れ、違いはわかってもらえたでしょうか…
この記事は怒られそうなくらいDawn Ades 教授のPhotomontageという本を参考にしています。


実践編は次のエントリで。





おまけ:フォトモンタージュじゃないフォトモンタージュ
有名なパリのショップウインドウ
shop window of Paris

Eugene Atget /Gentlemen's Fashions
反射でいい感じに首が…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surrealisme66.blog53.fc2.com/tb.php/23-28d10e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。