シュルレアリスム実践メモ

学問としてシュルレアリスムを学ぶ管理人が(体を張って)シュルレアリスト・アート、ゲームを実行するブログです。シュルレアリスム初心者から専門的に学ぶ人まで楽しめるようにしたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Found Object5

Found Object5 ~イタリアで見つけた変なもの~

リアル・アルチンボルド!


ベネチアの仮面屋さんのショーケースに入っていた子ら。


arcin3

麦太くん

arcin2

海雄くん

alcin

花子さん

アルチンボルド(Giuseppe Arcimboldo)といえばイタリア生まれ、16世紀のマニエリスム画家ですが、シュルレアリストとも、関係が深いんです。

野菜や魚を組み合わせ人物画に見立てる手法は、ダブル・イメージによるものです。
ダブルイメージといえば、
ダリをはじめとするシュルレアリスト達が好んで使った手法(と言っていいのかわかりませんが)で、
ある物の形が別の何かに見える」というもの。
簡単な例だと、「壁のシミが人に見える!」とかですねー。

そんなわけで、シュバンクマイエルなどにも派手に影響を与えているアルチンボルド、ダブル・イメージだけでシュルレアリストにもてはやされているわけではありません。
アルチン氏は神聖ローマ皇帝三代に使えていましたが、その中でも最後に使えたルドルフ2世は相当、変わり者だったそうで、錬金術や占星術に傾倒していたそうです。

擬似論文のエントリを読んでる方は錬金術とシュルレアリスムの深~い関係がお分かりかと思いますが、
アルチンボルドもまた
日常物(非生物)から人物(生物)を作り出す、という錬金術の荒業を
やってのけているんです。


人工野菜人間(と書いてホムンクルスと読みます。嘘。)

rudolf2

ルドルフ二世/1590

さらに彼は四大元素をテーマにした作品を残すなど、錬金術との関わりを見せています。

おそるべしアルチンボルド。

アルチンボルド関連リンクはこちらから

幻想美術館
http://www.fantasy.fromc.com/art/arcimboldo.shtml

シュバンクマイエル関連サイト・Alchemist of the Surreal
http://www.illumin.co.uk/svank/biog/arcim/arcidx.html
スポンサーサイト

テーマ:美術鑑賞日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surrealisme66.blog53.fc2.com/tb.php/40-3871c93e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。