シュルレアリスム実践メモ

学問としてシュルレアリスムを学ぶ管理人が(体を張って)シュルレアリスト・アート、ゲームを実行するブログです。シュルレアリスム初心者から専門的に学ぶ人まで楽しめるようにしたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Decalcomanie デカルコマニー3

Decalcomanie デカルコマニー3

前回前々回、と続いてきたデカルコマニーの章、最後です。

クリックで大
fish

古代生物、もしくは父親の影


前のエントリでは水彩風デカルコマニーを試しました。
次は油絵風に挑戦。

水の量を減らして、直接紙にこすり付けるようにしてみます。
ちなみにこの方法だと、絵の具がやばい速さでなくなっていきます。汗



d2


水彩の透明感はありませんが、テクスチャーが立体的になりました。
羽っぽいのができたんで、人型になるよう付け足しをします。
デカルコマニーは何回でも付けたし可。

fire queen

炎の女王っぽいのができました。
髪の毛は、デカルコマニーではなくフツーに描いてます。

羽の拡大図↓
wing
鳥の羽よりは、虫の羽に近いテクスチャになりました。これはこれでいいかも。

顔の拡大図↓
fire queen head
血管浮いてます、怒ってらっしゃる様子。



と、デカルコマニーの楽しさがわかりかけたところで、絵の具がなくなってしまい、断念。もっとやってみたかった…。

皆様も、つるつるの紙と絵の具を見つけたらぜひ、お試しあれ。
ちなみに、上の作品で使った紙は本の帯びです。笑






おまけも見てやる↓
usa1

森のうささん

不思議で可愛くて、ちょっぴりシニスタラスな童話v


UP
usa3


顔の模様は偶然できたものです。
スポンサーサイト

テーマ:artwork - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

色いろ楽しいことをされとるますが、「シュルレアリスムの実践」トイウノハ、シュルレアリスムから最も遠い営為ですなあ

もし意識的な行いならシュルレアリスムからは最も遠い行為でしょうね。

  • 2006/06/02(金) 11:31:25 |
  • URL |
  • Lushy #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surrealisme66.blog53.fc2.com/tb.php/43-10de425c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。