シュルレアリスム実践メモ

学問としてシュルレアリスムを学ぶ管理人が(体を張って)シュルレアリスト・アート、ゲームを実行するブログです。シュルレアリスム初心者から専門的に学ぶ人まで楽しめるようにしたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/06の夢

久しぶりにシュールなのきた!


私は配管工。
仕事には変なルールがある。
1)仕事は、パイプの入り口から出口まで往復するだけ
2)仕事は絶対に3人一組

ところが厄介なことに、パイプ内は一定の時間が過ぎると「舌」が徘徊してしまう。「舌」には絶対触ってはいけない。触るとその部分が麻痺してしまうらしい。
なので先頭の人と後ろの人は常に前後に注意しなくてはいけない。


tongue
ダリやシュヴァンクマイエルが好きそうな千切れた舌


いつも真ん中がいいなぁと、思っているのだがその日は運悪く後ろに。
往路は何とか時間内に済んだけど、やっぱりというか、
行きはよいよい、帰りはXXXの法則で。
のろのろ進んでいると後ろから「舌」達が来るのが見える!
早く進んでくれ!と前の人を押すが中々進まず、腕が触れてしまう。
腕の感覚がなくなったところで目が覚める。



あ、腕、下敷きにして寝てたから痺れてるや。
スポンサーサイト

テーマ:変!! - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

夢日記いいですね。そしてそれをイメージにしておられるところが素敵です。

僕も先日奇妙な夢を見ました。

会ったことも無い親友に彼の家に遊びに来いと言われ、訪れたのは古い洋館。真っ暗な中、赤じゅうたんを通って案内された彼の部屋は、4畳半ほどの牢屋。
居心地が悪くなって部屋を出て帰ろうとすると、広い階段の踊り場で白髪の汚い老女と出会う。異様な威圧感。彼女は衛兵のようであった。
急いで親友の部屋へ引き返し、鍵をかけてバリケードをつくり、震えていると、悲鳴とともに、扉からはチェーンソー…

そこで目が覚めました。
ねこぢるみたいで寒気が。。。

  • 2006/05/07(日) 02:36:04 |
  • URL |
  • newdoor #-
  • [ 編集 ]

ご訪問ありがとうございます。夢日記さぼりがちなので、このようにゲストさまから悪夢(?)報告がると助かります。シチュといい場所といい、たいへんおいしそう興味深いです。確かにねこぢるにありそうな感じですね。ねこぢる大好きですよ。

  • 2006/05/08(月) 09:15:43 |
  • URL |
  • Lushy #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surrealisme66.blog53.fc2.com/tb.php/45-bbe6e6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。