シュルレアリスム実践メモ

学問としてシュルレアリスムを学ぶ管理人が(体を張って)シュルレアリスト・アート、ゲームを実行するブログです。シュルレアリスム初心者から専門的に学ぶ人まで楽しめるようにしたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダリ-ダブル・イメージと偏執狂的批判的方法-

            ダリ
-ダブル・イメージと偏執狂的批判的方法-


9月23日から上野の森美術館で、ダリ回顧展開催!!
っつーことで、にわかダリファン(?)のLushyです。(むしろ再熱?)
爆笑問題の太田光がダリ髭つけてプロモーションやってますが、CMがオンエアされてしまうほどの展覧会って今まで何回あったでしょうか。
こりゃぁ、かなり期待大ですよ。以前はスペインのダリ美術館で30分しか見られなくて悔しい思いをしましたが、リベンジの機会を(シュルレアリスムの)神は与えてくれたようです。

まぁ、3回は軽く行きたいですね。(←見え張りすぎ)

なので、それに向けてばっちり予習をしておきたいところです。
さて、ダリに関する文章を読むと、必ずといってイイ程でてくるのが
「ダブル・イメージ」そして、「偏執狂的批判的方法」
今回から2-3回かけて、その辺をカバーしていきたいと思います。

まず、ダブル・イメージとは?
見方によって別の物に見えるイメージのことを指します。
騙し絵(Trompe-l'œil)に良く見られる手法ですねー。
簡単に言えば「壁の染みが人の顔に見える」とかゆーヤツもそう。
アイディア自体はダリが発明したものではないです。
古いものではアルチンボルドや歌川国芳の顔絵などもありますし。
有名なものではコレとか。

old/lady

義母と嫁 老婆の横顔と若い女性の後ろに振り向いた姿に見えます。


ー自分でも書いてみましたー

↓クリックで大。
fish
崩れる橋・沈んでいくボート・整列するうつむいた人影


granpa2

Grampa

(実践をもくろむ人へ:3D下敷き(わかるかな)を見る要領で、ぼーっと何かを見ていると「あ、コレ、●●に似てる!」という事があるので、すかさずスケッチorスナップ、輪郭を鉛筆でなぞります。
ポイントは「ひらめき→調節」「大きな部分→細部」)

こちら、中学美術教師の松永さんのブログで騙し絵の授業レポートが見られます。
こんな楽しい授業増えてほしいですねー。


さてダブル・イメージ(多義絵とも)については知っている人も多いと思いますが「偏執狂的批判的方法」とは一体何なんでしょうか?(長すぎて漢字打つの面倒になってきた;)


ダブル・イメージでは、あるものが視覚的に別の物に見えてしまうのですが、それが心理レベルになったものが偏執狂的批判的活動です。
つまり、見た目のみではなく、状況、役割、機能などの点で一致するものが連想ゲームの要領で重なりあい錯乱を引き起こすのですが、脳みそはそれを何とか整理しようとして体系化しようとします。つまり、「AとBの類似関係、それにはこんな理由があるんだ!」と、ほぼこじつけに近いやり方で、自分自身、ひいては他者にも納得のいく説明をつけようとするわけですねー。
偏執狂的paranoiac批判的criticalという一見矛盾する言葉が1つになっているのはそういうわけです。(前者は妄想的・主観的、後者は客観的)
ダブル・イメージは心理次元で起きた妄想を客体化し伝達可能にする1つの手段と言えるでしょう。

とは言いますが、やはり「偏執狂」というだけあって連想のタネはめちゃくちゃ個人レベルの思い出だったり、ただの空想だったりします。その妄想が次の妄想に繋がりまた次へ、と層状でエンドレスになるという性質も持ち合わせてるのが厄介な所…。そして、その病的な名の通り強迫的な性質を持ち合わせています。

このままではピンと来ない、という方も多いと思いますので次のエントリであの有名なダリの
ミレーの「晩鐘」
についての「偏執狂的批判的」考察を具体例に見てみましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surrealisme66.blog53.fc2.com/tb.php/72-11ba97c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。