シュルレアリスム実践メモ

学問としてシュルレアリスムを学ぶ管理人が(体を張って)シュルレアリスト・アート、ゲームを実行するブログです。シュルレアリスム初心者から専門的に学ぶ人まで楽しめるようにしたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画

ご無沙汰してます。
新学期が始まってようやくプーでないことを確認した次第であります。
ここでちょっとアナウンスをさせてください。

「シュルレアリスム実践メモ(仮)」の管理人として今までブログを書いてきたLushyですが、実はその正体は

シュルレアリスムは独学でしか勉強したことない美術史学部生

でありまして、それがこの度やっと

ダダ&シュルレアリスムの授業を受講する学生
に昇格いたしました。

なのでこれからは「シュルレアリスム実践メモ」というタイトルでいきたいと思います!
変わってないって?!(仮)が取れたの!

それに伴い、ブログでは授業の内容を噛み砕いたものを書いていきます。ほとんど自分用のメモだ。もちろん実践も続けますが。
授業ではシュルレアリスムだけでなくダダ、構成主義なんかにも触れるのでそこら辺興味ある方にも楽しんでいただけるんじゃないかと。
ちなみダダを教えるのはあのドーン・アデス教授です。やったね。

最初の授業は今週木曜日、お題はダダ映画でルネ・クレールの「幕間」やマンレイの「エマクバキア」等をやると思われます。ダダ映画はシュルレアリスムほど洗練されてない分、可愛いくて好きですねー。授業予定表によればシュルレアリスム映画の授業は残念ながら来年の3月ごろになるらしいです。ちっくしょうー!

というわけでそんなに待てない方のためにLushy発出来ちゃったアニメをUP。
作ったのは去年の秋頃、シュヴァンクマイエル展に行った後くらいでしたが、今まで忘れて発酵したくらいが調度いいと思って放置していました。

POP LIFE



全然意識してなかったけど、なんとなくダリの匂い。

作者のコメンタリーを読んでやる↓
実はもともと映像にしようと思って作ったわけではありません。
写真を何枚も撮るうちにコマ撮りアニメになってしまった、というのが実情です。
シュヴァンクマイエル展の帰りのバスの中、パプリカの中に胎児がいる映像が浮かんで気がつくとパプリカと紙粘土を買ってました(笑)。
我ながら意味不明です。オブジェや主題がシュールというよりは、頭に浮かんだ映像をフィルターをかけずに表現できたのでここに載せている次第です。

後付の解説ですが、POP LIFEという題名の通り「命」というテーマがどこかに引っかかっていたのかも知れません。「人生」じゃなくて「生物学的な命」。
シュヴァンクマイエル展で「博物誌」を見たことが原因かも知れないし、その数日前の祖父のあっけない死がきっかけかもしれません。
ぶっちゃけ衝動的に作ったものなのでわかりません;
(ただ赤と白は生命の色だと思った記憶があります。)
ダリの「神話」のように個人的な分析ができればいいんですが…。
今度フロイトに電話で聞いてみますわ。

はっ!そういえば、あの卵はダリのXXXXXXXで…!
スポンサーサイト

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

ほんとだ、ダリ臭い!
いやいやおもしろかった~
Lushyちゃんらしくて。
ほんとに感心しましたよ。
ついでにわたしのuncannyエッセイも書いてください。

  • 2006/10/23(月) 15:25:57 |
  • URL |
  • 841 #-
  • [ 編集 ]

え、私らしいですか;生活の中では極めてごく普通にしているつもりですが…。
見にきてくださったついでに私のamerican artのエッセイ書いてください。

  • 2006/10/23(月) 20:08:39 |
  • URL |
  • lushy #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surrealisme66.blog53.fc2.com/tb.php/76-95ba7988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。