シュルレアリスム実践メモ

学問としてシュルレアリスムを学ぶ管理人が(体を張って)シュルレアリスト・アート、ゲームを実行するブログです。シュルレアリスム初心者から専門的に学ぶ人まで楽しめるようにしたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Week 6 チューリッヒ・ダダと抽象芸術ーアルプー

WEEK 6 チューリッヒダダと抽象芸術 2


       - ア ル プ ー


       


ダダにおいてもシュルレアリスムにおいても欠かせないのが


ジャン(ハンス)・アルプ



残念ながら第一次世界大戦以前の作品は(おそらく彼自身によって)処分され残っていませんが、その後の活動で、スタイルを何度か変えながらも、かなりの作品数を残しています。


 


戦争が始まる以前、ヨーロッパを旅してカンディンスキーピカソ、その他いろいろな前衛芸術家と親交をもったことも知られています。そんな刺激的なメンツに刺激されてか、アルプの芸術には独特の哲学が染み付いるようす。


その例が「具象芸術Concrete art」。


彼は自分の作品を決して「抽象」とは呼びませんでした。


抽象芸術というのは元の形から「抽象化」された作品のことであり(キュビズムなど)、彼の作品は最初からそういう形であるので


具象である、というのが言い分です。


またいわゆる一般的な具象画を「現実のイミテーション」だとし批判していました。


特徴として絵でなく、コラージュ、レリーフ、彫刻のようなカンバスを越えた作品を多く残しています


  


1914 Before my Birth コラージュ


1914には、とある学校の壁を装飾する依頼をオットー・ヴァン・リースと共に受けます。


その学校自体なかなか革新的で自由な校風だったらしいのですが、それでも親たちが大ブーイング。いわく「モラルに反する」と。


結局作品は塗りつぶさることに;


 



1915       後の妻ゾフィー・トイバーと出会い、作風が幾何学模様風に変化。


「自己表現」が表にでることを嫌って機械で紙を切ることにこだわっていたようです。


ここでドーンが面白い説を引っ張り出してきました。


 


アレ?これは…



                                                   八卦ってヤツ?



八卦といえば中国のアレですよね、占いとかに使われる。                             棒の組み合わせで万物の性質を表すそうです。                                  棒×3 が 天/陽/男性 を示し 穴の空いた棒×3 は地/陰/女性 を示しています。その両極の間に またいろんな組合せがあるようですが、詳しくはわかりません。


果たしてアルプの幾何学模様はこれの影響なのか?         


さすがに最初は「まさか」と思いましたとも。


でも考えてみれば、彼は禅の思想に造詣が深かったし、エッセイ集「n my way」の中で何度も「自然」という言葉を使っているところからしてもしかしたら…。


以下On My Wayから気になった引用を。


 


We aspire to a new order that might restore the balance between heaven and hell


天と地のバランスを復元させるような新しい秩序を切望する


     dada is for nature and against art


ダダは自然に賛同し人工に反対する


we…allow the Elementary and Spontaneous to react in full freedom


   元素的・自然発生的なものが自由に作用することを認める


 


八卦の占い自体Chance偶然」の要素を含んでいるし何だか信憑性はありますね。


 


あたるも八卦 あたらぬも八卦



 アルプがついにチャンスの力を芸術に使います。


前のエントリでも出てきた「偶然の法則に従って」投げた紙を落ちたところに貼り付けたコラージュ。こんなうまくいくかよ!という苦情は受け付けません。




この後 アルプは有機的な形態を持つ芸術へと移っていきます。


おもしろいのは抽象、つまり具体的形のないはずの芸術が、同時に複数のものに見えることです。


騙し絵のような要素ですね。


 これは 「口ひげ 帽子 moustache hat


タコさんウィンナー!


題名とそれに順ずる題材が書かれている限り、これは具象絵画ではないのか?


という疑問はごもっとも。ですがご心配なく。


アルプは最初から帽子や髭を描こうとしたわけではなく、題名は作品完成後につけています。これは帽子であり髭であり、タコさんウィンナーその他であり同時に何でもないのです


 


多数の意味を持ち、同時に無意味さも表す「ダダ」という言葉を思い出してみてください。 


 


なぜ抽象芸術がダダに置いて大事なのかわかる気がしませんか?



さて来週はシュプレマティズムとダダの関係を見ていきます。


マレーヴィチー


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surrealisme66.blog53.fc2.com/tb.php/84-0bd77df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。