シュルレアリスム実践メモ

学問としてシュルレアリスムを学ぶ管理人が(体を張って)シュルレアリスト・アート、ゲームを実行するブログです。シュルレアリスム初心者から専門的に学ぶ人まで楽しめるようにしたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Week12 シュルレアリスムと絵画2

シュルレアリスムと絵画2 -様々な技法ー


昨日初めて任天堂DSというものに触りました


脳トレの結果、自分の脳は57だということがわかりました。  老化じゃないんです、はじめからバカなんです。


 Barnaby BearSo What!?


※画像は今回のエントリの内容とは一切関係ありません。




前回「デ・キリコみたいな具象画油絵は制作時に意識が介入していて、無意識の作用を軸とするシュルレアリスムとしてはどーなのよ?」と、言う議論に触れました。


ってわけで今日は、意識の介在を許さない、つまりは偶然の要素を取り入れた絵画の方法のバリエーションが広がっていく様子を見ていきましょう。


 


①砂絵


まずはアンドレ・マッソン の砂絵(Sand Painting)。


192627年ごろから作られ始めました。


撒かれた砂が予期せぬ形を浮かび上がらせてくれます。ただし結構デリケート。(汗)


André Masson. Figure. 1926-27 Andre Masson /


②フロッタージュ


「こする」という意味のフロッタージュは凸凹のある物の上に紙を置いて鉛筆でこするアレです。マックス・エルンストは子どもの頃、ベッドのパネルの木目に固執していて、後にその訳を探るために床の板目に紙をのせてこすった所、不思議な模様が浮かび上がりました。それ以来彼は自動書記と対等のものとして、好んでこのテクニックを使っています。


切り貼りしてコラージュ風にも。



Max Ernst




③グラッタージュ


「ひっかく」という意味のグラッタージュはフロッタージュの油絵版。


エルンストは森を描くときによく使ってます。


 


Max Ernst Forest and Dove 1927Max Ernst



④デカルコマニー


転写と言う意味。オスカー・ドミンゲスが発見しエルンストが発展させたテクニック。


つるつるの紙の上にインクや絵の具をたらし、上からガラス、紙などで押えてすぐに離すと葉脈みたいな模様が現れます。


実践はこちら




以上のような(部分的であれ)偶然の作用を利用した絵画方法はおおむね、ブルトンをはじめ多くのシュルレアリストに指示されました。



が、中にはミロのように、「そんなテクニックに頼らなくても絵画はオートマティックになるぜ」というシンプル派の画家もいました。



 Joan Miro


 




このようにオートマティズムによる絵画が夢のイメージ絵画を圧倒していましたが、1929ダリとマグリットの参入によって、夢のイメージが再び脚光を浴びることになります。


特にダリは偏執狂的批判的ダブルイメージをひっさげて、オートマティズムに対抗しました。


偏執狂的批判的方法についてはこちら


オートマティズムは無意識に筆を委ねる受身の方法ですが、偏執狂的批判的方法は妄想に脳をフルに使う能動的手法です。


(この辺の対照についてはダリのエッセイthe Rotten Donkeyを参照のこと)


特徴は正反対なものの、どちらも不条理で不合理な無意識の部分を目に見える形にすると言う点では一緒ですね。


エルンストのように2つを合わせて絵を描いていたシュルレアリストもいるし。


 


みなさんはどちら派ですか?


 


 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://surrealisme66.blog53.fc2.com/tb.php/95-a6c867a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。